北国の恵みの成分含有量

北国の恵みの成分含有量

 

北国の恵みの成分含有量

 

北国の恵みは、軟骨成分であるプロテオグリカンという有効成分が配合されています。

 

軟骨成分を摂取することで、加齢とともに減少してしまう軟骨成分をサポートして、軟骨の擦り減りをケアしてくれるのです。

 

このプロテオグリカンという成分は、関節が気になる方の間で注目されている成分です。

 

そのため、この成分を含む色々な種類のサプリメントが販売されています。

 

毎日飲むためのサプリメントなので、効果が高いものを選びたいと思いますが、果たしてどれを選んだら良いのか迷ってしまします。

 

その時には、成分の含有量を見てみると良いでしょう。

 

北国の恵みの成分含有量を見てみたいと思います。

 

 

北国の恵みの2大成分の含有量は?

 

北国の恵みの2大成分の含有量は?

 

北国の恵みには、快活な体の動きを取り戻すための有効成分である非変性プロテオグリカンと非変性U型コラーゲンが含まれています。

 

この成分は関節をスムーズにしてくれている軟骨にある成分なので、これを摂り入れることで、体の中の軟骨成分がサポートされるのです。

 

それでは、この2つの成分は、どれくらいの含有量なのでしょうか。

 

北国の恵みの1日の摂取量は、3粒が基本です。

 

この3粒には、非変性プロテオグリカンが5mg、非変性U型コラーゲンが10mg配合されています。

 

この含有量を見ただけでは、ちょっとピンとこない方も多いと思います。

 

そこで他のサプリメントと比較してみたところ、意外な事実がわかりました。

 

非変性U型コラーゲンに関しては、同じジャンルのサプリメントには、10mg前後のものが多く、北国の恵みの非変性U型コラーゲンの含有量は適量であることがわかりました。

 

しかしながら、プロテオグリカン配合サプリメントを比較してみたところ、人気を集めているサプリメントの中には、なんと1日当たりのプロテオグリカン含有量が200mg以上というサプリメントがありました。

 

5mgしか含まれていない北国の恵みは、かなり含有量が少ないので効果のないサプリメントなのでしょうか。

 

その答えを探してみると、プロテオグリカンが200mgなどの含有量であるサプリメントの場合、そのプロテオグリカンは「非変性」ではないことがわかりました。

 

 

非変性とは?

 

北国の恵みの2大成分である、プロテオグリカンとU型コラーゲンは「非変性」です。

 

あまり聞きなれない言葉でもあるので、聞き流してしまう方も多いと思います。

 

成分の名前の前に「非変性」がついていてもいなくても、あまり深く考えないかもしれません。

 

非変性とは、自然の形のままの成分のことを差します。

 

一方非変性がついていない成分は、抽出する過程などで構造が崩れてしまい、自然の形ではない状態になっています。プロテオグリカンもU型コラーゲンも、人間の体の中にある成分です。

 

これが加齢によって減少するのをサポートするために、サプリメントから摂取するのです。

 

しかし、非変性でない成分の場合には、人間の体に入ると、体が自然のものではない、異物であると判断して、分解をはじめてしまいます。

 

プロテオグリカンやU型コラーゲンも、人間の体にあるものを同じ分子構造でないと、異物だと判断されてしまい、アミノ酸に分解されて吸収されるのです。

 

つまり、非変性でないプロテオグリカンはU型コラーゲンを摂取しても、ただの栄養分として吸収されてしまうことが多く、軟骨をサポートする力は弱いのです。

 

そのために、非変性ではないプロテオグリカンを配合する場合には、含有量を増やすことで、少しでも効果を高めようとするわけです。

 

プロテオグリカンの含有量が極端に多いサプリメントの場合には、非変性ではないという可能性が高いということですね。

 

 

以上、北国の恵みの含有量について見てきました。

 

北国の恵みに含まれているプロテオグリカンの含有量は比較的少ないのですが、これは「非変性」のプロテオグリカンだからということがわかりました。

 

北国の恵みの製造をしている株式会社ウェルヴィーナスの社長の濱口さんは、サプリメントには不要なもの入れずに、必要なものだけ入れたいという信念を持って開発に取り組んでいます。

 

極端に含有量が多かったり、非常に多くの種類の成分は配合されているサプリメントは、注意したほうが良いかもしれません。

 

北国の恵みは、厳選された良質成分だけが凝縮されているので、安心できますね。

↓歩ける 登れる 初回半額以下はこちら↓

北国の恵みボタン